故人が集めていた切手の賢い処分方法

遺品整理をしていると、故人が生前に趣味で集めていた切手が大量にでてくることがあります。
でも、この切手、使う用途もないし捨てるのももったいない。いったいどうしたらいいの?と悩んでしまう人が多くいます。
もし、身内や故人のお友達に切手収集が趣味の方がいたら、譲るのがよいかもしれません。
切手収集が趣味の人であれば、故人の形見を大事に扱ってくれるでしょうし、故人も喜ぶかと思います。
身内や周りに切手収集をしている人なんていない、という方は、切手を買取りしているお店で売ってしまうのがよいでしょう。
故人の形見を売ることに抵抗がある方にはおすすめしませんが、切手を売って、切手収集が好きな人に渡れば、大事に扱ってくれると思います。
家の倉庫に眠らせておくよりも、切手好きな人の手元に置いておいたほうが、故人も喜ぶのではないでしょうか。
切手は近くにあるリサイクルショップで買取ってもらえます。
でも、できれば切手買取の専門店で買取ってもらうのがよいでしょう。
普通のリサイクルショップに持っていくと、切手の知識がない人が査定をすることになるので、適正な価格で買取ってもらえないことが多いです。
その点、切手買取の専門店であれば、切手の知識があるスタッフが査定をするので、適正な値段で買取ってもらうことができます。
そんな切手買取のお店が近くにないという人は、インターネットで買取をしている切手専門の買取ショップがあるので、利用してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: lang