理想のパパ

パパであるためには金銭が求められます。
女性は可能であるなら1日につき1万円くらいのお小遣いをくれるパパが欲しいなと考えられます。
5,000円では安いし、2万円でしたら高すぎて可哀想かなと考えるのです。
そのように思うと、1万円が妥当だなと考えるのです。
その金銭は直ちに貯金する人もいると思いますし、そのまま速攻で欲しいものを買ってしまう人もいると思います。
女性はお金が厳しいため、パパから貰ったお金は大切にしていきます。
そういうパパに希望しているのは、二人で一緒にゆったりと居られる空間だと思います。
部屋であってもいいし、車の中にあってもよく、二人で一緒に穏やかにおしゃべりができるところが欲しいのです。
望ましいパパは、歯が白くて歯並びが綺麗、日焼けしていて、ダンディな男性が望ましいと感じられます。
可能であるなら身長が高く、型体が優れた男性が理想的だと考えています。
パパには実際のお父さんよりも大きい存在でいて欲しいと思われます。どんなことでも話せて、悩みを聞いてくれるようなそういった男性となります。
それから、悩みを聞いたら「よし、よし」と頭を撫でてくれては癒してもらえる男性にパパになって欲しいと思われます。
そういった男性とはゴルフに連れて行って欲しいし、リゾートで別荘でまったりとしてみたいとも考えられます。
そこで二人で水着になり、プールとか海などで泳ぎたいなと考えるのです。
パパには常日頃格好良く、素敵な男性でいて欲しいと希望していることが女心だと考えられます。
誰の目も気にせず抱き合えるそういった場所で愛し合いたいと考えることがパパではないでしょうか。
二人のみの別荘とかマンションを買ってくれたら、その女性はすごく尽くすではないでしょうか。

パパを見つけるならこちら
>>パパ募集・パパ探しはどこで?パパと出会える3つの掲示板とは?

カテゴリー: lang

愛人として生きるのかどうか

私は現在判断を迫られているのです。
なぜかというと好きな人の愛人になるか、という様な事です。
一年前から好きな人が存在するのです。
しかし彼は結婚しているのです。
その事を理解していましたが、それでも良いと付き合っていたのです。
しかし私はこのままではいけないと思い、彼に別れようと言いました。
したら彼はこれからも、愛人という形でそばにいてほしいと言ったのです。
彼の準備してくれたマンションに住んで、彼の帰りを待つ愛人になってほしいと言いました。
彼は社長をしているのです。
ビックリするぐらい大きな会社の社長をしているという状況です。
結婚していても、愛の欠けている仮面夫婦だと聞かされました。
政略結婚で嫌々行った結婚そういう理由です。
そういうわけで私に愛人という形で支えてほしいと話すのです。
しかし私はそういった自信はございません。
的間に結婚を行い、一般的な結婚生活を送りたくなったのです。
しかしそのパートナーは彼が望ましいのです。
無理だと理解していても、彼の事が好きなんです。
これからも、彼との結婚は永遠に困難だと思います。
これに関しては明確に聞かされています。
そういうわけで結婚しないまま、彼の愛人という形で生涯を終えないといけないと思います。
それが私に可能かどうか、すごく心配となっています。
現在は今のところ私は若いけれど、将来において年をとってその時愛人という形で望ましいのか心配になります。
彼は私と比べてもずっと年上です。
ですので確実に私よりも先にいなくなるではないでしょうか。
取り残された私は、どんなふうにして生きていくのでしょう。
などと考えると、愛人という形での生き方は心配になってきました。
というわけなので現在すごく迷っているのです。

カテゴリー: lang

好きな人が愛人として・・・

自分には愛人がおります。
その方は長い間好きだった方なんです。
しかし結婚が許されませんでした。
結婚の約束を行い交際をしていたのに、家の事情で結婚はできなかったのです。
自分はお見合いをさせられて結婚を行い現在に至るというわけです。
しかし彼女の事を忘れるなどは不可能でした。
彼女の事を大好きである故です。
という理由で自分は彼女を愛人という形で、長い間援助をしてきているのです。
もう二十年に相当するでしょう。
現在も変わらず大好きです。
当然嫁さんを上回って大好きなのです。
しっかりと夫という身分での役目は果たしているはずです。
子供がいるわけですから父親としての役目も、十分に果たしていると思います。
だとしても愛人という形での彼女にも責任が存在するのです。
自分はこれからもいつまでも彼女を幸せにやっていきたいのです。
嫁さんはこの事は分かりません。
ひょっとすると理解していることも考えられます。
けれども自分には何も言わないのではないでしょうか。
分かっていても何も言わないのではないでしょうか。
家同士がいつの間にか決定したような、そういった結婚だったからでしょう。
絶対嫁さんにだって、好きな人がいたのではないでしょうか。
それは知りませんが、自分には好きな方がいて忘れる事が出来ないので愛人という形で現在そっと寄り添ってくれています。
今後も、このままでいいのかと思った事はあります。
ひょっとすると彼女には別の幸運が存在するかもしれないです。
けれども自分は彼女を離したくないのです。
一生そばにいてほしいのです。
ですからこのまま、聞こえは悪いけれども愛人という形で寄り添ってほしいのです。

カテゴリー: lang

愛人関係はいい部分もあるがでもね~

わたしはどちらかと言われるとかたい一家に育ってきて、両親が不倫とか浮気なんて言われる世界は関係無い家族でした。
更に、自分自身も若いころから女の人と二股、浮気というのも無く理想的なお付き合いばかりにて30歳を前に結婚したことからまるで愛人とか浮気といった存在には関係無く育ってきたわけです。
当然、友人もさほど浮いた話は無いものでした。
けれども自分の仕事場が現在は女の人の方がほとんどで、正規社員、臨時職員、既婚、独身とあらゆる立場で存在しているわけです。
7割が女の人といった仕事場となります。
当然、仕事場において私的な男女のお付き合いは厳禁とされることになっていますがどうしても何らかの問題点は発生してしまうものです。
結婚している男性社員がいつのまにやら女の人の非正規社員と愛人関係になっていたり、仕事場の女の人に二股をかけていたり。
原則的にはこうした部分はNGではあるのですがわたしも愛人といった言葉に関して少し印象が相違してきました。
当然、周囲や家庭に迷惑をかけることはまずいのですが、いつもの職務に張りを与えたり、頑張りを増進出来てしまうような効果が愛人のせいで生まれるとすれば、これに関してはそれで良いのではないのかと。
当然、決まりとしては前述の通り、周囲に迷惑をかけ無いというのが大前提でしょう。
それでも尚且つ、離れられないという意識が愛人なのかもしれないですね。
といわれるものの自分自身がこうした燃えるような愛人関係を持ったことがございませんので少し覚めたところが表れているのかもしれないですね。

カテゴリー: lang